難易度が高い司法書士の資格をゲットする方法~ミスター教育~

法律

毎年3万人以上の受験者

治療器具

資格を取得することによって、仕事の幅を広げたり、趣味をさらに楽しんだりすることができます。資格と言っても非常に多くの種類がありますが、人気が高いのは司法書士の資格です。司法書士とは、法律に関する書類を作成したり、法律上の手続きをしたりする仕事です。法律関係の書類作成や手続きは、素人からするととても難しいものです。そのような業務を代行して、サポートをするのが司法書士の役割です。その他にも業務は色々あり、裁判事務や成年後見業務、帰化申請などがあります。司法書士しか行うことができない業務も多々あるため、資格を取得しておくととても便利です。

司法書士の資格は国家資格ですが、受験資格は無いので、学校に通ったり、実務経験をしたりすることなく、すぐに受けることができます。そのため、受験者も多く毎年3万人以上が司法書士の資格を受験します。人気が高い資格ですが、難易度が高く毎年3万人以上受験するのですが、合格者はその内の1,000人ほどしかいないのです。そのため需要も高く、資格を取得することで就職活用では有利に利用することができます。試験は筆記試験だけではなく、口述試験もあります。筆記試験はじっくり考えて答えを出すことができますが、口述試験の場合は、会話形式で問題を出されるので、素早く答えを出す必要があります。受験資格は無いので独学で合格を目指すこともできますが、やはり難易度が高いので通信教育を受けたり、専門学校に通ったりする人が多いです。